Skyllaの箱庭

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

軍艦の進化と種類(1)

私は元々軍事オタクだったけど、艦コレを始めてから色々思い出したり調べ直したりした事を忘れない様に残しておこうと思った。

まずは日露戦争(1904)の頃までの話。

■戦艦
古くは帆船の時代の戦列艦と呼ばれた物からの進化だ。
戦列艦は木造の大型船に数十問の大砲を積んで戦列(隊列)を組み、敵の戦列艦と撃ち合った。
当時の大砲は威力も精度も悪く大砲だけでは滅多に沈まなかったので、乗員や装備を破壊した上で体当たりや接舷乗り込みで拿捕する様な戦い方だった。
やがて技術の進歩で大砲だけで撃沈できるようになった事から装甲を貼る様になり、そして帆船から蒸気機関に移り更に大きな大砲や装甲を積む様になった。
これが戦艦の始まりだ。

そして技術の進歩は凄まじく直ぐに30cmを超える大砲を積む様になった。
そんな時代に起きたのが日露戦争の日本海海戦(1905)だった。
皆知っていると思うが歴史に残るワンサイドゲームの勝利だった。
勝因は技術や練度や偵察や疲労や補給状態等色々有るが、T字隊列が決め手だったとも言われる。

T字隊列について「有利側は全主砲を使えるが、不利側は最前列の艦の前方の主砲しか使え無い」とか「有利側は同じ方向を狙い続けられるので照準しやすい」みたいな説明を良く見るが、それは違う。
実際には斜め前に撃てるので正面以外の敵に向けて射撃可能だし、照準で難しいのは距離を合わせる事であって方向が変化するかどうかは大した問題ではない。って言うかT時隊列と言っても直角ではなくて斜めだから、そもそも関係ない
じゃあ何が有利なのかと言うと「相手の進路妨害をする事」だ。

半年かけて回航してボロボロに疲労して早くウラジオストックに滑り込み入港させたいのに、日本軍に捕捉されて回り込まれて進路を妨害されて、指揮混乱と損傷で脱落した艦を次々に各個撃破されて逃げる事も出来なかった
従来の普通の艦隊戦では難しかったのだが、戦艦群が敵の戦艦群よりも速かった事と更に高速な装甲巡洋艦が先回りして何度も何度も進路を妨害した。

つまりT字隊列だから有利になったと言うよりは、技術や練度や偵察や疲労や補給状態が有利だからT字隊列で戦うことが出来たと言うことだ。
それらが揃ってない状態でT字隊列を狙うと逆にボコボコにやられると言われている。

■巡洋艦
帆船の戦列艦が活躍していた時代、弱った敵戦列艦に接舷して兵隊を送り込むには小型で軽快なコルベットが活躍していた。
このコルベットに速射砲や装甲を載せたのが巡洋艦(装甲巡洋艦)の始まりだと言われている。
世界中の植民地を駆け巡り警備や外交を行う為に優れた航洋性と汎用性を持っていた。
大きな海戦では戦艦と共に戦うが、平時や小さな戦闘では馬車馬のように働いた、戦艦が戦う船なら巡洋艦は働く船だ
戦艦と違って強さよりも使い勝手や建造・運用コストが重要なので、無駄に強くする事よりも手ごろな大きさで沢山作った。
又長期航海のストレス軽減や要人を運ぶ為に居住性にも優れていた。
巡洋艦も戦闘力を重視した装甲巡洋艦安価で汎用性に優れた軽巡洋艦に別れていった。

■水雷艇と駆逐艦
帆船の時代から機械式水雷と言う兵器は有った。
爆発時の水圧で船体をへし折る装甲の効き難い強力な兵器で、略して機雷と呼ばれた。
トラップとして使う以外には人間が運んで特攻に近い使われ方をした。
やがて魚の様に自力で水中を移動する機雷が産まれた。魚型水雷、略して魚雷だ。
魚雷は大型の戦艦を一撃で葬る威力が有り戦艦や巡洋艦に装備したが、射程が短いので止めを刺す時ぐらいしか使えなかった。
そこで小型の高速船に魚雷を積んで至近距離から魚雷を撃つ水雷艇が産まれた。
小さくて速くて小回りの効く水雷艇だが、まともに突っ込めば薙ぎ払われるので戦闘中の混乱や夜間や脱落した所を狙った。
そして当れば戦艦でも沈んだ。やっすい水雷艇に戦艦を喰われるのは大問題だ。

そこで水雷艇を始末する専用の艦を作った。
水雷艇を駆逐するための軍艦、水雷艇駆逐艦の誕生だ。
水雷艇に航洋性は無く自国や根拠地の近辺でしか活動できなかったので、それに対応する水雷艇駆逐艦にも航洋性は無く狙い易い小型の砲で水雷艇を圧倒した。

でも、水雷艇駆逐艦に魚雷を積めば水雷艇の代わりにもなるし敵の水雷艇駆逐艦に圧倒される事も無いんじゃね?って事に気が付いた。
気付いてしまったその瞬間に水雷艇の存在意義が消滅した。水雷艇駆逐艦は文字通りこの世から水雷艇を駆逐した

人々が水雷艇の存在を忘れると同時に水雷艇駆逐艦は駆逐艦と呼ばれる様になった。

日露戦争では水雷艇も水雷艇駆逐艦も参加したが航洋能力が無い為に接敵が難しく、脱落艦の処分や偵察ぐらいしか役に立たなかった。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。