Skyllaの箱庭

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

SCAR-L その4(HAMR化)

SCAR-LとHAMRは重さが3.3kg→4.5kgに増えているのでオモリを入れることにした。
20130404_HAMR1.jpg
1kgぐらい入れたいのだけどスペースの問題で入りそうにないので、溶かして入れてみることにしました。

取りあえずアルミ缶をぶった切ってガスコンロで加熱
20130404_HAMR2.jpg
そしたら温度センサの安全装置が効いて加熱できなかったので、安全装置の無いカセットコンロに変更

そして・・・・
20130404_HAMR3.jpg
鉛が溶ける前にアルミ缶がへしゃげました(汗

次に登場したのがガラス瓶
20130404_HAMR4.jpg
あ、これミキプルーンの瓶です(どうでもいいw

だんだん溶けてきました
20130404_HAMR5.jpg
因みに、ここに来て身の危険を感じたので、フルフェイスゴーグルを装着しました(笑
いや、冗談抜きで危ないから。

ペンチで挟んで拡張したハンドガードの中にドローっと
20130404_HAMR6.jpg
やってる途中で瓶が割れました(お約束
幸い溶かした分は全部流し込めたのでセーフですが続けるのは無理ですね。

次に登場したのはサンマの蒲焼缶詰
20130404_HAMR7.jpg
中身が邪魔だったので胃袋に退場して貰いました(笑

缶に触れている面積が広い為か瓶よりも早い勢いで溶けていきます。
20130404_HAMR8.jpg
溶けた鉛は物凄い表面張力で角が丸っこくなって面白いです。

そして数回に分けてハンドガードに流し込んでこんな感じ。
20130404_HAMR9.jpg
表面張力と流し込んだ先から冷えて固化していくのとで均一に伸ばすのは無理でした。
って言うかプラスチック部分が熱で変形しかけてたので、あんまり熱くできませんでした。

って事で銃本体の重さは4kgまで増えました。
(スコープなどの外装アクセサリや弾槽を含まない重さ)

しかし、ここまでオモリを入れてもこれだけしか重くならなかったってことは、同じ外形寸法の実銃で4.5kgってのは何が詰まってるんだろう?
もしかしたら外装アクセサリを含んだ重さなのかなあ?

あと実際には弾槽やスコープ等の外装アクセサリでプラス1~2kgになるので、抱えるのが微妙にシンドいぐらいになります。

まあ分隊支援火器だから重いのはしょうがないよね(笑

スポンサーサイト

PageTop

BB弾の種類

BB弾って昔から呼ばれていますが、
BBってのはBall Bulletの略で、BBだけで球状の弾って意味なので、
厳密にはBB弾と書くと球状のタマタマと言う意味になります(笑
まあ、今更なのでBB弾で良いでしょう。

因みに海外では弾の事をBBと言い、エアガンの事をBBGunと呼んでいるようです。

弾には重さが何種類かありますが、銃のパワー(ジュール)の上限が決まっているので、重い弾を使っても初速が遅くなるので、重ければ威力が上がるという訳ではありません。

それでも、同じエネルギーなら重くて遅い方が空気抵抗や横風の影響を受け難くなるので、遠距離では有利になります。
でも、ハンドガンの様にパワーの少ない銃やパワーの安定しない銃だと、山なり弾道になったり着弾がバラけたりするので、重ければ良いとも限りません。

それでは私が持っているBB弾です。
屋外で使う事が多いので数年で微生物に分解されるバイオタイプを使っています。

東京マルイ、ベアリングバイオ0.2gBB
20130401_bb1.jpg
恐らく一番流通していて入手しやすいです。
茶色なので地面で目立たないのもGoodです。
メーカーや種類によって色々有りますが恐らく一番直径が大きいので、同じ銃で同じ0.2gなら一番初速が高くなるので、この弾で弾速チェックしてOKなら、多分大丈夫でしょう。
私は0.2gはこれをメインで使っています。

東京マルイ、ベアリングバイオ0.25gBB
20130401_bb2.jpg
上記の0.25gバージョン。
色が薄茶色なので混ざっても簡単に分けれます。
私は0.25gはこれをメインで使っています。

東京マルイ、最上級SUPERIOR0.28gBB弾
20130401_bb3.jpg
上記の0.28gバージョン。
0.25gと殆ど同じ色なので、混ざったら解らなくなります。
それに500発で1000円なので日常的にはちょっと使えないですね。

イーグルフォース、BIO BULLET 0.20g
20130401_bb5.jpg
マルイよりも若干安くてボトルも付いているのでオトクです。
色は白で視認性が高いのですが、地面で目立つのが気になります。
数年で分解されるとは言え地面で目立たない方が良いですよね。

イーグルフォース、BIO BULLET 0.25g
20130401_bb6.jpg
上記の0.25gバージョン。
0.2gと同じ色なので、全く見分けられません。
もし使う場合は0.2gは別の製品にしたほうが良いでしょうね。

SⅡS、グリーン・マキシマス0.2g
20130401_bb7.jpg
競技大会公式採用のBB弾です。
薄緑色で場所によっては目立たないし、他の弾と見分けるのも簡単です。
でも普通に購入するには品薄なので、メインで使うには不便です。

G&G、Perfect Spherical BB 0.28g
20130401_bb8.jpg
マルイの0.25gよりも少し薄い薄茶色で、少し苦労しますが見分けは可能です。
先日買ったばかりですが、継続的な入手性はちょっと不明です。
手に入りやすいなら0.28gはこれをメインにしようと思います。
まあ0.28gって種類も少ないんですよね。

ちなみに、マルイの0.25gと混ぜるとこんな感じ。
20130401_bb13.jpg
写真だと同じ色に見える・・・・(汗

一応、見分けられる様に今まで使った弾は纏めている
20130401_bb11.jpg
20130401_bb12.jpg
そこまでするか?(笑


で味は?
20130401_bb14.jpg

・・・酸味というか何っていうか、酸っぱくて苦くて、唇がヒリヒリとする感じで思わず吐き出しました。
たぶん、食べたら体に悪いです(笑

PageTop

ホワイトデーに逆らった

バレンタインデーは諸説有るのだが、ホワイトデーは日本の菓子メーカーによる陰謀である事が明確なので逆らってやった。
クッキーを手作りすれば菓子メーカーには1円も入らない(笑

一から作る場合は小麦粉(薄力粉)とか使うのだが、今回は面倒なのでクッキーミックスを使用した。標準的な作り方はクッキーミックスの袋に書いてあるので省略(笑

今回は2種類作った。
1つは普通にクッキーミックスと卵とバターで練った生地と、それにココアの粉を混ぜた生地を2種類作って、薄く延ばして重ねて太巻き海苔巻きの様に巻いて、金太郎飴の様に輪切りにして焼いた。
もう1つは普通の生地と海苔を重ねて海苔巻きにして、同じ様に輪切りにして焼いた。

たぶん生地が柔らかくて作業し難いと思うが、冷凍庫で冷やすと固くなって作業が楽になる。
延ばしたり形を整える時は、サランラップに包んだままやるとやり易いし汚れない。
切る時の厚さは5mmぐらいにした。
薄いと火加減が難しくて焦げ易いし、厚いと均一に焼きにくい。

普通はオーブンとか使うのだろうが私はフライパンで焼いた。
オーブンも持っていたのだが、ちょうど2年前にぶっ壊れた。

フライパン(出来れば底の平らな部分が広い物)にクッキングシートを敷いて、その上に並べる。油を敷く必要は無い。
焼いた時に膨張してくっつくので、少し間隔を空けて並べた方がいい。

そして蓋をして弱火で15分焼くだけ。
20130314_Cooki.jpg
簡単だろ?

義理返しの為にそこまでやるのかって話だけどね(笑

実は2年前に仙台に住んでいた時も同じ事をやろうと思ってクッキーミックスや小麦粉を買っていたのだが実行できなかった。
20130314_jisin.jpg
オーブンは棚や水槽と一緒に崩れ落ちてぶっ壊れて、クッキーミックスはカセットコンロとフライパンでホットケーキになり、小麦粉はすいとんになった(笑

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。